HOME > スタッフブログ > 夏本番!「定期交換部品」でトラブルを予防しましょう

スタッフブログ

夏本番!「定期交換部品」でトラブルを予防しましょう

この夏、車での旅行を計画されている方は多いと思いますが、高速道路では、事故による渋滞や車のトラブルで車線規制されるなど、イライラが耐えません。渋滞に巻き込まれるのは嫌ですが、渋滞の原因になるのはもっと嫌ですよね。皆さまの愛車は絶対に大丈夫と自信を持っていえますか?

お出かけ前の車チェック ~夏ver.~

  1. オーバーヒートを防ぐ
  2. バッテリー上がりを防ぐ
  3. パンクを防ぐ
  4. ガス欠を防ぐ

ボンネットを開けて、LCC(冷却水)とエンジンオイルとバッテリーの液量が適量ライン内にあるかどうか確認。エンジンオイルは前回の交換から5000kmまたは半年以上、バッテリーは前回の交換から2年以上経っていたら迷わず交換しましょう。タイヤの空気圧が減るとパンクしやすくなるので、適正値まで空気を補充しましょう。エアコンを使う夏場はガソリンの減りも早いです!お出かけ前は十分な量の給油を!

旅先でのトラブルを少しでも防ぐために、お出かけ前にしっかり準備しましょう。

「定期交換部品」とは

文字どおり、定期的に交換が必要な部品のことで、さびやすい金属や、硬くなりやすいゴム製品、劣化しやすい油脂類などの部品は、走行距離や経年による劣化が生じるため、定期的に交換が必要です。

「定期交換部品」を交換しないと、車の性能を発揮できなくなったり、車が故障しやすくなったり、交通事故の原因となったり、有害な排気ガスを発生させる原因にもなります。部品交換は安価でも、車の修理となると高額出費にもなりかねません。

「定期交換部品」の交換基準

  • エンジンオイル ・・・ 5000km走行または半年ごと
  • オイルフィルター ・・・ 1万km走行または半年ごと
  • オートマッチックオイル ・・・ 2万km走行または2年ごと
  • エアコンフィルター ・・・ 1万km走行または1年ごと
  • LLC(冷却水) ・・・ 2万km走行または2年ごと
  • ブレーキオイル ・・・ 2万km走行または2年ごと
  • バッテリー ・・・ 2万km走行または2年ごと
  • ワイパーゴム ・・・ 1万km走行または1年ごと

※車の状態や走行状況によって交換時期が異なる場合があります。コバックでは、車の状況を確認した上で、部品の交換をお勧めしています。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

お問い合わせはこちら
車検仮予約のご相談はこちら
≫ TEL(沼津店)0120-19-5892
≫ TEL(長泉店)0120-19-5829

※スーパーセーフティー車検をご予約の場合は、お電話の際に「インターネットを見て」で1,000円割引します。


このページのトップへ