HOME > スタッフブログ > 車の寿命はオイルで決まる?!

スタッフブログ

車の寿命はオイルで決まる?!

車のあちこちでいろんなオイルが使われていることをご存じですか?

オイルは車にとって必要不可欠でとても重要な役割を果たしています。それぞれ交換時期が違いますので、交換忘れがないかどうかチェックしましょう。

エンジンオイル

これがなくては走れない!とっても重要なオイルで、一般的に「オイル交換」というえば、エンジンオイル交換のことを指します。交換しないと、燃費が悪くなったりエンジンの異音や不調が生じて非常に危険です。
交換時期:5,000km走行または半年ごと
※オイル交換の2回に1回は、オイル汚れを吸収するオイルフィルターも交換しましょう

パワステオイル

快適なハンドル操作ができるのは「パワステオイル」のおかげです。交換しないと、ハンドルが重くなったり、オイル漏れや異音が生じます。
交換時期:50,000km走行または5年ごと

ATF

走ったり止まったり等スムーズに走るためには、AT(オートマチック・トランスミッション)を動かすオイルATFが不可欠です。交換しないと、変速時のショックが大きくなったり、加速が鈍くなったり、燃費が悪くなったりします。
交換時期:20,000~30,000km走行ごと

ブレーキオイル

車の運転をする中で、最も重要な操作”車を止める”ために必要なオイルで、鮮度が命といわれています。理想は年1回ですが、最低でも車検ごとに交換しましょう。交換しないと、ブレーキが効かなかったり、ペーパーロック現象が起きやすくなったりして、大事故につながる恐れがあり大変危険です。
交換時期:車検ごと(新車は3年、以降2年ごと)※理想は毎年交換

デフオイル

車が曲がる際にタイヤの内輪差を吸収するデファレンシャルギアを潤滑に回すためのオイルで、交換しないと、走れなくなったり異音が生じたり、他の場所を劣化させてしまい大出費につながります。
交換時期:50,000km走行または5年ごと

クラッチオイル

MT車はクラッチオイルをお忘れなく!クラッチオイルは、エンジンからの動力を切ったり繋げたり、スムーズなギアチェンジに不可欠です。交換しないと、サビによるオイル漏れでクラッチ操作が効かず走行不能になりかねません。
交換時期:車検ごと(新車は3年、以降2年ごと)

★ ★ ★

どのオイルも車には不可欠なものばかりです。オイル交換をこまめに行うことで、車本体が長持ちします。自分で液量や汚れを確認できるオイルもありますので、定期的にチェックしましょう。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

お問い合わせはこちら
車検仮予約のご相談はこちら
≫ TEL(沼津店)0120-19-5892
≫ TEL(長泉店)0120-19-5829

※スーパーセーフティー車検をご予約の場合は、お電話の際に「インターネットを見て」で1,000円割引します。

 


このページのトップへ