HOME > スタッフブログ > スタッドレスタイヤを夏に使用するのは危険です

スタッフブログ

スタッドレスタイヤを夏に使用するのは危険です

スタッドレスタイヤ

「来シーズンは新しく買うから今年は夏場に使いつぶしちゃおう」なんてことをお考えのあなた!それは重大な事故に繋がるリスクが高くとても危険な行為です。

スタッドレスタイヤをどうしても夏に使用したい場合は、細心の注意が必要です。

スタッドレスタイヤは柔らかい

スタッドレスタイヤは氷上でのグリップ力を高めるため、夏タイヤより柔らかいのが特徴です。柔らかいのでゴムが熱を持ちやすく、ゴムが熱で変形して乗り心地が悪いだけでなくタイヤが破裂する危険もあります。特に高速道路ではバーストの危険性が高まるので要注意です!

スタッドレスタイヤの溝は深い

スタッドレスタイヤは雪道での排水性を良くするために、溝が深くなっています。路面との接地面が少なく摩擦も少ないため、コーナリングが悪かったり、ブレーキの危機が悪く制動距離が長くなったりします。普通のタイヤよりも止まりにくいことをよく認識した上で運転しましょう。

スタッドレスタイヤを夏に使わない方が良いその他の理由

  • ハイドロプレーニング現象を起こしやすい
  • ノーマルタイヤよりも燃費が悪い
  • 普通の夏タイヤよりも、夏タイヤとしての性能が劣る

交換工賃がかかったり、保管場所がなかったり、スタッドレスタイヤの履き替えは面倒ですが、命の危険には変えられません。雪道を走る危険がない季節になったら、一刻も早く夏タイヤに履き替えた方が安心です。


このページのトップへ