HOME > スタッフブログ > 車検にかかる時間、本当のところ

スタッフブログ

車検にかかる時間、本当のところ

「車検」って、どれぐらい時間がかかるものか、ご存知ですか?今回は、知っているようで知らない、車検にかかる時間のお話です。

車検に2~3日かかるのは当たり前?

以前は「車検は車を数日預ける」が常識でしたが、今は1日車検はもちろん、数時間で終わる短時間車検をうたう店も多くあります。
では車検って、いったい何にどう時間がかかっているのでしょうか?また、短時間車検と1日車検はどう違うのでしょうか?
納得・安心して車検を選ぶために、車検にかかる時間を知ろう!

車検=24ヶ月点検+検査+事務手続き

車検で車を預けると、まずするのが「24ヶ月点検」です。法定の56項目の点検を行いますが、これにかかる時間は15~30分程度です。
次に行うのが「検査」ですが、車検に通らない項目がなければ10分程度で終わります。それから仮の適合標章の発行や書類の作成を行うのが車検の流れ。
車検に通らない箇所や必要書類の不足がなければ最短1時間ほどで全て終わります。後日、登録が済んだら車検証と適合標章を受け取りに行けば車検完了!

車検に時間がかかる訳

一番の原因は、車検に通らない箇所があり整備が必要になること。簡単な整備なら問題ないが、部品の取り寄せに時間がかかる事もあります。
整備工場が指定工場でない場合は、運輸支局に持ち込んで検査を受けるので、指定工場よりも時間がかかります。
また、車検時に丁寧な洗車や室内清掃が付いている場合もその分の時間が必要となります。車と一緒に、仮ではない適合標章と車検証をもらいたいとなると、登録が完了するまで更に数日待つ事になります。

1日車検がオススメな訳

「1時間で車検が終わるなら、それにしよう!」
ちょっと待って!早く終わる車検が必ずしも一番いい訳ではないんです。
そもそも車検で行う「検査」というのは、その時点で不具合がなければOKというもの。まもなくダメになるとわかっている箇所でも、不適合でない限り車検は通ってしまいます。短時間車検だと時間の制約があるため、この機会に整備しておこうと思っても一緒にはできないし、充分に車の状態の説明を受けることもできません。 2年に1度の車検の機会に、車の状態のアドバイスを受け、必要なメンテナンスをする方が、自分のためにも車のためにも安心です。

こんな人は短時間車検でも大丈夫

もちろん、短時間車検でも大丈夫な人もいます。

    • 自分の車の状態がきちんとわかっている人
    • 自分で定期的にメンテナンスをしている人
    • 「今回はとにかく安く早く車検を終わらせたい!メンテナンスは後からする」という人

好むと好まざるとに関わらず、必ずやってくる車検はできれば安く早く済ませたいものですね。自分に合った車検を選んで、安心快適なカーライフを送ってください!

車検のコバック沼津店・長泉店は、
仮予約OK、キャンセル無料ですので、この機会にぜひご予約ください。

仮予約のご相談はこちら
≫ TEL(沼津店)0120-19-5892
≫ TEL(長泉店)0120-19-5829


このページのトップへ