HOME > スタッフブログ > 雨の快適ドライブは、ワイパーに聞け!

スタッフブログ

雨の快適ドライブは、ワイパーに聞け!

6月が終わっても、雨の季節は続きます。
雨降りも快適に運転するために、ワイパー交換の事を知っておきましょう。

ワイパーの交換時期は、ゴムに聞け!

雨の日に欠かせないワイパーだが、ワイパーゴムはゴム製品なので、直射日光によって、使っていなくても劣化します。使用状態にもよるが、1年を目安に交換した方がいいでしょう。「前はいつ交換したっけ?」とわからない時は、こんな症状が出ていたら交換時期です。

  • スジ状に拭き残しができたり、にじみが出たりで、キレイに拭き取れない。
  • スムーズに動かず、引っかかるような異音がする。
  • ゴムの表面がザラザラになって、ヒビ割れたようになっている。
  • ワイパーを起こして見ると、拭き取り部が曲がって変形している。
  • ワイパーゴムが切れている。 ←これは車検に通らないので即交換!

ワイパー交換は、自分でもできる!

カー用品店やホームセンターでも交換用のワイパーを売っています。オススメはワイパーゴム+ブレード(金属のフレーム)をまるごと交換することです。取替えも簡単で、失敗もありません。もちろん、ワイパーゴムだけでも交換できますが、少々コツが必要です。もし失敗すると、ブレードがフロントガラスを傷つけて、イタい出費につながるので、自信がないときは、迷わずコバックなどの整備工場やカー用品店で交換しましょう。

ワイパーゴムにも、こんな種類が!

一口に「ワイパーゴム」といっても、付加価値によって種類はいろいろありますので、売り場で迷う前に知っておきましょう。

ノーマルタイプ いわゆる普通のワイパーゴム。値段で選ぶならコレ!
グラファイト フロントガラスに撥水やコーティングをしているならコレ!ガラスとゴムの摩擦を減らし、ビビリ音を防ぐと共にコーティングを長持ちさせる。
撥水ワイパー ワイパーをするだけで撥水コートができる!ブレードも専用のものを選ぶとより効果的。
雪用ワイパー 雪国の極寒降雪時でも、ワイパーが凍らず視界を確保してくれる。

交換したワイパーは、お手入れでさらに快適に!

直接雨風にさらされるワイパー。
汚れたままのワイパーだと、ガラス一面に汚れを広げることなります。そんな時は濡れタオルでゴムをはさんで優しく拭き取りましょう。 この時、タオルに黒い汚れが付着するようならゴムの劣化が疑われます。ブレードの汚れには、専用のクリーナーもあります。ビビリ音が気になる場合は、防止のための潤滑剤を使ってみてください。

ワイパーの昔、今、そして未来

ワイパーが初めて車に搭載されたのは約100年前のこと(諸説有り)。
その頃から、「ゴムでガラスを拭き取る」という構造に変わりはありません。進化をしていないようにも見えるワイパーですが、新技術も!ワイパーアームからウォッシャー液が噴出する技術や、水滴を感知する自動ワイパーなどがそう。更には、超音波で水や汚れを弾き飛ばすシステムを開発中との話もあります。完成すれば、車からワイパーが消える日がやってくるかもしれません。

梅雨明けまでもう一息。
ワイパー交換で爽やかな視界を手に入れて、雨のドライブを楽しみませんか?

車検のコバック沼津店・長泉店は、
仮予約OK、キャンセル無料ですので、この機会にぜひご予約ください。

仮予約のご相談はこちら
≫ TEL(沼津店)0120-19-5892
≫ TEL(長泉店)0120-19-5829


このページのトップへ