HOME > スタッフブログ > エンジン洗浄でパワーUP!燃費UP!

スタッフブログ

エンジン洗浄でパワーUP!燃費UP!

エンジン洗浄でパワーUP!燃費UP!

「最近エンジンのパワーがない」とか「エンジン音がうるさい」などと感じることはありませんか?エンジン内部には汚れや不純物(スラッジ)が溜まりやすく、オイル交換やオイルフィルター交換でケアしても除去しきれない汚れがあります。その汚れがエンジン内の部品を摩耗させているのかもしれません。

エンジンは車にとって最も重要なパーツです。エンジンに不調を感じたら、放置せずなるべく早く整備工場で見てもらいましょう。夏休みやお盆休みで長距離運転する予定のある方は、事前にチェックしておくと安心です。

エンジン内に汚れが溜まる原因

・定期的にエンジンオイル交換をしていない(交換目安は5,000kmまたは半年ごと)
・オイルフィルターを交換していない(交換目安はオイル交換2回に1回)
・質の悪いエンジンオイルを使っている
・自分の車に合ったエンジンオイルを使っていない
・近場への移動で使用することが多い

一番お手軽なエンジン洗浄!フラッシング

エンジンの中を手軽にキレイにする方法として、エンジンを分解せずに洗浄する「フラッシング」があります。2通りの方法を紹介しますが、どちらも新しいオイルに交換する前にオイル内部を洗浄する方法です。

■フラッシング剤を使う場合
フラッシング剤をエンジンオイルに投入して、しばらくアイドリングしてから新しいオイルに交換します。

■フラッシングオイルを使う場合
古いオイルを抜いた後フラッシングオイルを入れて、しばらくアイドリングしてから新しいオイルに交換します。

ほとんどの場合、これらの方法で十分キレイになります。

エンジンの中を隅々までキレイにする!

もっと効果的にエンジン内を洗浄するのがフラッシングマシンを使う方法です。オイルを隅々まで強制循環させるので、フラッシング剤やフラッシングオイルでは落としきれない頑固な汚れもキレイに落とします。
エンジン内がキレイになると、新車時のパワーが蘇り、燃費がよくなるといわれています。オイル交換をさぼっていたり、中古車を購入した際はおすすめです。

エンジンの外側もキレイにする!

エンジンの外側(エンジンルーム内)は、オイルやホコリが付着して汚れやすい場所です。電装部分を防水して洗浄!という方法もありますが、目立つホコリを古布で拭っておくだけでも効果がありますので、洗車のついでにボンネットを開ける習慣を身につけましょう。

ボンネットを開ける際、エンジンは必ずOFFにしましょう。

 


このページのトップへ