HOME > スタッフブログ > 車内の花粉を除去する方法!

スタッフブログ

車内の花粉を除去する方法!

また今年も花粉の季節がやってきました。
毎年毎年、花粉症ツライですよね。
花粉症は、今や日本人の3人に1人が悩まされていると言います。
今回は、車に乗っても症状が出ている方必見!
車内の花粉を除去する方法を大公開です。

エアコンフィルターで花粉を徹底除去!

外部からのホコリやチリを防ぎ、車内を快適に保つエアコンフィルターですが、実は花粉の侵入もブロックしてくれるのをご存知ですか?
性能の良いエアコンフィルターを使えば、花粉除去だけでなく、抗菌・抗ウィルス、さらに脱臭までしてくれる頼もしい存在なのです。

エアコンフィルターは定期交換が必要です!

『エアコンフィルターの交換って車の性能に関係あるの?』そう思ったそこのあなた!
確かに、走る・曲がる・止まるといった車の基本的な性能への影響はありませんが、フィルターが汚れて目詰まりすると、通気が悪くなります。
通気が悪くなるとエアコンの効きが悪くなり、設定温度を上げたり下げたりしなくてはなりません。
するとコンプレッサーに負荷がかかり、燃費が悪くなり、さらにカビや悪臭が発生することも。
1年もしくは1万kmでの交換が目安です。

花粉を除去して、快適なドライブを!

最も重要なのは車内に花粉を持ち込まないことです。
当たり前と思うかもしれませんが、少し気をつけるだけで劇的に花粉を除去することができます。
まず車に乗る前に、衣服に付着した花粉は、出来るだけしっかりと払い落しましょう。
運転中は窓を開けないように換気は内気循環にして、できるだけ外からの空気を入れないように心がけてください。
やむを得ない場合も、用事が済んだらできるだけすぐ閉めてください。

花粉が付きやすいフロントパネルや座席を こまめに水拭きして花粉を取り除くことも大事です。
乾拭きだとただ花粉が動くだけなので、必ず水拭きで行ってください。

外側からの花粉対策も重要です!

ボディーに積もった花粉は、エアコン内部に入り込むと機能を低下させてしまいます。
粘着性のある花粉は、水洗いでは落とし切れず、塗装のシミの原因になります。
花粉はシャンプー洗車でできるだけ早く洗い落し、こまめに洗車ができない人は、さらにボディーにコーティングを施工しておけば、花粉被害の予防になるのでおススメです。

花粉を100%除去することは難しいですが、ほんの少しの注意で車内の花粉を減らすことができます。
車検のコバック沼津店・長泉店は、皆さまが快適なカーライフを送れるように応援しています!

車検のコバック沼津店・長泉店は、
仮予約OK、キャンセル無料ですので、この機会にぜひご予約ください。

仮予約のご相談はこちら
≫ TEL(沼津店)0120-19-5892
≫ TEL(長泉店)0120-19-5829


このページのトップへ