HOME > スタッフブログ > エンジン性能を引き出すのに最適!低粘度オイル

スタッフブログ

エンジン性能を引き出すのに最適!低粘度オイル

オイル交換に限らず、早め早めのメンテナンスが車を長持ちさせる秘訣です。

近年、燃費が重視される動きから注目されるようになってきた「低粘度オイル」をご存じですか?文字どおり、サラサラしていてエンジン内部での抵抗が少ないため、エンジンの性能を十分に引き出す最適な粘度のオイルとして、ここ数年、急速に普及が進んでいます。

しかし、粘度が低いがゆえに性能が劣化しやすく、早めのオイル交換が不可欠といわれているので「車検のときしかオイル交換をしない」というユーザーには向きません。

使用上の注意

粘度が低いと煤やスラッジで汚れたオイルがシリンダーやピストンから浮き上がり、燃焼室の熱で火種となって異常着火してしまうため、LSPI(低速ノッキング)が起こりやすくなります。さらにこの状態を続けると、エンジンが深刻なダメージを受けてしまいます。最終的には、エンジンブローを起こしてエンジンの乗せ換えが必要になることも。

低粘度オイル管理のポイント

  • メーカー推奨基準どおりにオイル交換をする
  • エンジン性能を十分に引き出すため、指定のオイルを使用する
  • オイル添加剤も低粘度オイル用を使用する

車検のコバック沼津店・長泉店は、
仮予約OK、キャンセル無料ですので、この機会にぜひご予約ください。

仮予約のご相談はこちら
≫ TEL(沼津店)0120-19-5892
≫ TEL(長泉店)0120-19-5829


このページのトップへ