HOME > スタッフブログ > 車の寿命は色で決まる?

スタッフブログ

車の寿命は色で決まる?

車を購入する時、デザインはもちろん、カラーは大きなポイントになります。
でも、ちょっと待って!車の塗装の保ちは、色によってかなり違うんです。
今回は、車の塗装寿命についてのお話です。

塗装寿命に一番影響を与えるのは?

車の塗装の寿命に一番影響を与えるのは外的要因。
一番の敵は直射日光、屋根付ガレージと青空駐車で、差が出てくるのは当たり前。
海の近くだと、風で飛来した砂でボディーに傷がつくことも。
でもそんな外的要因だけでなく、色自体でも寿命が違ってくるんです。

一番長持ちする色は?

それはズバリ「白」。
「白」は、塗装の大敵である紫外線も赤外線も集めないので、メーカーを問わず、一番長持ちする優等生。
白だけでなく、メタリックではない薄いカラーの車は比較的長持ちしますよ。

一番色あせやすいのは?

それは、メタリックの「ブラック」。
熱を集めやすい「ブラック」は、塗装にとっては非常に過酷な状態。
これは「紺」など、黒っぽい濃い色も同じ条件。
直射日光や雨のダメージで、メタリック色の上のクリアがはげて残念な感じになってしまいます。
塗装の表面を触った時、白い粉の様なものが付くようになったら注意です。

ソリッドカラーも経年劣化に弱い!

メタリックでなくても、ソリッドカラーと呼ばれる原色系も色あせを感じやすいです。
例えば鮮やかな「スカイブルー」「イエロー」「レッド」といった色。
年月を重ねると、鮮やかさが衰え、なんとなく冴えない感じに・・・。

できるだけ長持ちさせたい!

塗装色に関わらず、手をかけてあげればあげるだけ長持ちさせることができます。
コーティングをしたり、小まめにワックスをかけたりして、撥水性を保つ。
汚れが付着したらすぐに洗車する、特に鳥のフンや虫などは小まめに落とす、など。
そうすれば簡単に塗装が剥げることもなく、良い状態を維持できます。
ジャバラ式の簡易ガレージで直射日光や雨を防ぐのも有効な手段です。

最後の手段には「全塗装」というのもありますが、現実的ではないですよね。
長く快適に乗りたいなら、色あせしにくい色を選ぶ、というのも一つの選択肢です。

車検のコバック沼津店・長泉店は、
仮予約OK、キャンセル無料ですので、この機会にぜひご予約ください。

仮予約のご相談はこちら
≫ TEL(沼津店)0120-19-5892
≫ TEL(長泉店)0120-19-5829


このページのトップへ