HOME > スタッフブログ > 車が水没!!保険はどうなる?

スタッフブログ

車が水没!!保険はどうなる?

梅雨も明け、夏本番を迎えましたが、今年も梅雨の後半、日本各地で集中豪雨による被害がありました。
今回は、車の水害と保険についてのお話です。

※ご紹介する内容は一般的なものであり、契約内容や被災状況によって異なる場合がありますので、詳しくは契約の保険会社にお問い合わせ下さい。

こんなにある!雨に絡んだ車の被害

  • 集中豪雨で河川が氾濫し、車が水没した。
  • ガード下の冠水に車が突っ込んで、動かなくなった。
  • 高潮で、車が流された。
  • 豪雨で土砂崩れがおき、車が巻き込まれた。
  • 地下駐車場に水が流れ込んで、車が浸水した。

屋外にあることの多い車は、様々な被害に遭うことが予測されます。

自然災害だと、保険金はどうなる?

一般的に、車が損傷した場合は車両保険から保険金が支払われます。
それは、事故ではなく自然災害でも同じ。
損害の状況によって、全損扱いになるかならないかの違いはありますが、車両保険に入っていれば、ひとまず安心。
ただし、全損の場合も支払われる修理費上限は保険金額までで、それを超えて支払われることはありません。

車の損傷以外の被害はどうなる?

車に乗っている時に水害にあって、自分も怪我をした場合、人身保険に入っていれば、自分のケガは補償されます。
同じ車に乗っていた同乗者が怪我をした場合も、搭乗者特約など、同乗者の怪我を補償する保険に入っていれば補償されます。

自然災害でも保険の等級は下がる?

保険会社の規定によりますが、車両保険使用の場合は、1等級ダウンと1年間の事故あり割引率適用、とすることが多いです。
人身保険や搭乗者特約だけの場合は、事故自体をなかったものとする「ノーカウント事故」扱いになる事が多い。
複数の組み合わせなどケースによるので、詳細は保険会社に確認を。

その他、知っておいた方がいい事

甚大な被害をもたらした大規模災害に対して、災害救助法が適用されることがあります。
その場合、対象の地域では保険の継続手続きや支払いについて、一定の猶予期間が設けられる事があります。
また、同じ水害でも、津波による水害は保険で補償されません。
これは、大半の保険会社が地震・噴火・津波に起因する損害を免責事項としているため。
ただし、東日本大震災の後、これらに起因する車両の全損時に一定額の保険料を支払うとする特約も作られています。

保険が利くからといって、無理は禁物。水害に合わないように自己防衛することが何より大切です。
緊急速報に注意したり、水没しそうな場所を知っておくなど、日頃から備えをお忘れなく!

車検のコバック沼津店・長泉店は、
仮予約OK、キャンセル無料ですので、この機会にぜひご予約ください。

仮予約のご相談はこちら
≫ TEL(沼津店)0120-19-5892
≫ TEL(長泉店)0120-19-5829


このページのトップへ