HOME > スタッフブログ > 意外と簡単!国際免許証の取り方

スタッフブログ

意外と簡単!国際免許証の取り方

先日、外国人力士の無免許運転がニュースになりました。
外国人が日本で運転するために、また日本人が外国で運転するために必要な免許とは?
今回は、国際免許証についてのお話です。

そもそも国際免許証ってなに?

日本の運転免許証では、日本国内でしか自動車を運転できません。
海外で運転するために必要なのが、国際免許証(正式には国外運転免許証)です。
道路交通に関する条約は「ジュネーブ条約」と「ウィーン交通条約」があり、日本の国際免許証で運転できるのはジュネーブ条約に加盟している国だけです。
これは日本が「ジュネーブ条約」にしか加盟していないからなのですが、とはいえ世界各地の主だった国で運転できるのでぜひ活用して欲しいです。

意外と簡単!国際免許証の取得方法

各都道府県警察署、運転免許センター、運転免許試験場などに受付窓口があります。

■取得に必要なものは?

  • 運転免許証
  • 写真
  • パスポートなど渡航を証明するもの
  • 古い国際免許証(ある人)
  • 手数料(3000円弱位)

免許センターや試験場なら、最短30分程度で即日発行できます。
有効期間は1年でそれ以上海外に滞在する場合は、日本の免許証をその国に切り替えるか、再度その国で免許を取得する必要があります。

ここに注意!国際免許証を取得する際の注意点

国際免許証は、日本の運転免許証を持っていれば誰でも申請できます。
ただし必ず渡航するという証明が必要で、「とりあえず取りたい」という目的の発行はできないので要注意!また申請時点で免許証が有効であることが必要なので、
免停中や期限切れの人は申請はできません。1年以内に免許証の有効期限が切れる人も申請できませんが、その場合は特例として通常の更新期間でなくても免許更新手続きができます。

外国人が日本で運転するためには?

日本人が外国で運転するのと同様に、国際免許証があれば運転ができます。
既に来日している場合でも、各国大使館で申し出れば自国の代理人を通して取り寄せも可能です。有効期限の1年を超えて滞在する場合は、日本の免許に切り替え(外免切替)をするとよいでしょう。
質問審査と視力検査、簡単な学科試験・実地テストで切り替えができます。(国によっては学科と実地が免除される場合もあります)
これには外国人登録を行っていることが必要なので要注意!
外免切替をしても外国の免許は使えるので、両国で運転が可能となります。

国際免許証で海外ドライブ、こんなことに気をつけて!

国際免許証はもちろん、日本の免許証も一緒に携帯することが必要です。
前述のように日本発行の国際免許証では運転できない国もあるので事前確認しましょう。
慣れない土地での不測の事態も予測して、自動車保険に入るのも忘れずに!
左ハンドル・右側通行の国では、実際に慣れるまでに時間が必要です。充分にゆとりを持ってドライブ計画を立てましょう。
もちろん運転する国の交通ルールは事前にしっかり勉強すること!!

車での旅行は時間や場所に縛られず快適です。
海外でも車があれば自由度も行動範囲もぐんと広がります。
海外旅行の際はぜひ国際免許証を活用してみて下さい。
ただし、安全運転を忘れずに!

車検のコバック沼津店・長泉店は、
仮予約OK、キャンセル無料ですので、この機会にぜひご予約ください。

仮予約のご相談はこちら
≫ TEL(沼津店)0120-19-5892
≫ TEL(長泉店)0120-19-5829


このページのトップへ