HOME > スタッフブログ > 命を乗せるタイヤの空気

スタッフブログ

命を乗せるタイヤの空気

自動車を支えている「タイヤ」の接地面は、はがき一枚分ほどと言われています。そのタイヤは空気が入っていないと十分に機能しません。また、 空気圧が低いためバーストしたり、最悪交通事故につながったりすることもあります。そのため日々の点検が重要となってきます。

空気圧点検の重要性

タイヤの空気圧が低くなってくると、ハンドルがとられて走行の安定性が低くなり、燃費も悪化します。また、パンクの危険性も出てきます。逆に、空気圧が高すぎても安定性の悪化や偏摩耗(タイヤが部分的に異常に摩耗する現象)の原因になります。

以前はガソリンスタンドで給油ついでにスタッフが確認してくれることが多くありました。しかし近年はセルフ式のスタンドが増えたことで、ご自身で確認しなければ未確認のままになってしまいます。

月に一回程度を目安に空気圧点検をしましょう!

1. 車の推奨空気圧を確認
多くの車は、運転席のドアの開口部に書かれています

2. エアバルブのキャップを外す
キャップは小さいのでホイールキャップの中に落とさないようにしましょう!

3. ホースの先をエアバルブに押し当てて空気圧を確認
押しあてる角度が正しくないと空気が抜けてしまうので注意!

4. 測定した空気圧を見て、必要に応じて調整
エアタンクの型によりますが、多くは「+」で空気を入れ「-」で空気が抜けるようになります。レバー式の場合は強く握れば空気が入り、半握りにすると空気が抜けます。

5. エアバルブのキャップを閉める
そしてすべてのタイヤの確認を!

あわせて確認

また、タイヤの溝が減っていないか、大きな傷が無いかなども確認してください! もし、タイヤの側面にコブができている場合、バーストしやすくなっているので早急にタイヤ交換を!

コバックではタイヤ交換も受け付けています!
気になる点がある方は、お気軽にお近くの店舗までご相談ください!

車検のコバック沼津店・長泉店は、
仮予約OK、キャンセル無料ですので、この機会にぜひご予約ください。

仮予約のご相談はこちら
≫ TEL(沼津店)0120-19-5892
≫ TEL(長泉店)0120-19-5829


このページのトップへ