HOME > スタッフブログ > 冬のタイヤ事情

スタッフブログ

冬のタイヤ事情

雪深い地域ではこの時期、すでに多くの方が装着している スタッドレスタイヤ。 たまにしか雪が降らない地域ではスタッドレスタイヤに履き替えないという方もいらっしゃるかと思います。 そこで今回は冬のタイヤ事情についてお伝えします。

まず、夏タイヤ、冬タイヤ、今注目されているオールシーズンタイヤの特徴についてお伝えいたします。

タイヤの特徴

■ 夏タイヤ
車購入時についているノーマルタイヤ。
乾いている路面、濡れている路面でしっかり止まり、発進できます。
タイヤの面が固くしっかりしているのが特徴。
雪道や凍結路面以外は夏タイヤが適しています!

■ スタッドレスタイヤ
雪道を走るのに適しているタイヤ。凍結路面も走れます!
低温で固くなりにくくタイヤの表面が柔らかいので雪や凍結面を掴みやすくしています。
しかし夏の路面では安定性や燃費が悪くなるので冬のみの使用がおススメです。

■ オールシーズンタイヤ
夏の道も雪道もこれ一本で走れる便利なタイヤ
表面は細かい溝と大きなブロックパターン、ゴムの柔らかさが特徴。
時期に合わせて交換が必要ないので保管場所や工賃の心配もありません。
雪道は走れますが大雪や凍結面を走ることはできず、燃費も夏タイヤに比べて悪くなりやすいことがあります。

チェーンの役割

夏タイヤで雪道を走行する場合は装着しなければなりません。また大雪などによるチェーン規制対象エリアではスタッドレスやオールシーズンタイヤでも装着しなければいけません。
チェーンは大きく分けて、 「金属のチェーン」と 「ゴムやウレタン樹脂のチェーン」の2種類あります。
(このほかに布製やゴム製などがありますが今回は割愛いたします。)

■ 金属
比較的安価で購入でき、駆動輪につけるものです。
アイスバーンの道も走行できます。
しかし脱着が難しく、速度は20~50km/hくらいまでしか出せず、チェーンが切れやすいので注意。

■ ゴムやウレタン樹脂
金属よりは高値ですがスタッドレスよりは安価で駆動輪につけるものです。脱着が比較的簡単で速度は40~70km/hまで出せます。しかしアイスバーンでは慎重に運転しなければいけません。 また、JASAAの認定を受けているものを購入するのがおススメです。

結局どれがいいか

雪国はスタッドレス、平野部でたまに雪が降るところはオールシーズンがおススメ。
雪は滅多に降らないからタイヤの購入はちょっと…という方でもチェーンは用意し、装着できるように練習しておきましょう!
積雪時に夏タイヤのみで走行すると道路交通法違反になることもあるのでご注意を!
お住まいの地域、車の使用頻度などによってぴったりのタイヤは変わってきます。現状を見ていただき、冬のタイヤを考えていただければと思います。

コバックではタイヤ交換も受け付けています!
気になる点がある方は、お気軽にお近くの店舗までご相談ください!

車検のコバック沼津店・長泉店は、
仮予約OK、キャンセル無料ですので、この機会にぜひご予約ください。

仮予約のご相談はこちら
≫ TEL(沼津店)0120-19-5892
≫ TEL(長泉店)0120-19-5829


このページのトップへ